フードデリバリー&出前の売上をアップさせます。

システムを見る

フードデリバリー・出前・宅配の売上を伸ばすためのシステムです

デリバリー(宅配)の成功のためには、配送効率を上げることが必須です。ODIN フードデリバリーは配送効率を上げることに特化したシステムです。結果、デリバリーの売上が上がります。
顧客満足度が上がり、リピーターが増えます。

使うとデリバリーの売り上げが上がる。その実績で

1か月に

 

4000

の配達員さんに使われています。

出前の配達員

こんなお客様に最適

 

  • フードデリバリー・出前を自店の配送員で行っている中小の飲食店
  • フードデリバリー・出前をシェアデリで行っているが、マージンが高くて利益が出ないとお悩みの飲食店
  • フードデリバリー・出前を自店で行っているが、効率が悪くて利益が出ないとお悩みの飲食店
  • これからフードデリバリー・出前を始めようとする中小の飲食店
悩む店員イメージ

フードデリバリーにおけるよくある問題 その1

店舗におけるデリバリーサービスの配達員は人数が限られているのに、お客様からの注文は食事時に集中してしまう

人数の都合で売上が頭打ちになる

注文を受ける店員

解決!

ODINフードデリバリーで配達の回転率を上げる事で売上をアップ!
配達員が店舗に近づいた際にメールで通知する機能により、配達員が店舗に帰る前に次の注文を作り始める事ができます。時間に無駄のない効率化をはかります。

例)1時間に配達員1人辺り2回しか配達が行けなかった→1時間に配達員1人あたり3回配達に行けるようになった

売り上げが1.5倍に

システムを詳しく見る
ガッツポーズの店員

フードデリバリーにおけるよくある問題 その2

お客様の家に行く道がわからず、配達員が迷子に。

個人宅にはナビがあってもたどり着くのが難しい。

クレームになったり、料理の味も落ちてしまう。

回転率も下がる。

迷うフードデリバリーの配達員

解決!

一度行った場所は、説明付きでお店からのルートがアプリから見れるので、道に迷わない!

ナビなどでは行きづらい個人宅も、道順と地図上への
行き方表示でわかりやすい!

システムを詳しく見る
デリバリーの配達員が道に迷わないアプリスクショ

フードデリバリーにおけるよくある問題 その3

お客様は、空腹で配達員が来るのを家で待っています。いつ配達員が来るのかわからないと、イライラしたり、ほかの用事で出かけたりできないことで不満を感じます。

お客様が「いつ配達が来るのか?」とお店に電話をかける。お店でも、「今どこにいるか?」と配達員に電話をする。その確認後、お客様にまた電話をすることになり、店の回転率が下がる。

その間待たされることで、またお客様の不満がたまり、リピートされない。

客からの電話を受ける店員

解決!

よく利用されているシェアデリのアプリのように、配達員の現在位置をお客様に見てもらうことができます。

ブラウザから見れるので、お客様がアプリをインストールしたり、お客様登録をしなければいけないなどの手間がありません。(この機能はOFFにすることもできます。)

お店へかかってくる電話を減らすことができ、お客様満足度が上がります。

また、店員も配達員に電話しなくても、配達員の場所がすぐわかるので、お客様から問い合わせがあっても「もうすぐ着きます」などとすぐ答えることができるので、効率がアップします。

システムを詳しく見る
出前の配達員

本当に、そんなことでデリバリー・宅配・出前の売上が上がるの?

疑われるのはもっともです。

しかし、このシステムはある大手フードチェーンで導入され、店舗によっては2倍の売上が上がるようになったのです。

少ない店でも1.5倍でした。

そのあまりに導入効果の高さに、最初は、フランチャイズの各店舗さんに本部から推奨という形で広まっていきましたが、ついには全国の店舗で導入されることが決定した

実績があります。その店舗数は数百に上がります。

不満そうな店員の表情

必要なのは、スマートフォンだけ。

専用の機械などは必要ありません。

お手持ちのスマホにアプリをインストール。管理画面はインターネットのブラウザから。

パソコンや大型のタブレットなどがあったほうが、地図などは見やすいのでお勧めです。

パソコンとスマホ

料金

  • 初期費用 なし
  • 月額費用
    • 管理画面利用料 2万2千円(税込)
    • 1配達員あたり 2,000円(税込)

無料お試し14日間

お試しされた57%のお客様が契約されています。

すべて製品版と同じ機能をお試しいただけます。
お申し込みは不要で、登録後すぐにお試しいただくことができます。

無料お試し

さらに、デリバリーに特化した便利な機能があります。

  1. 今、どこに誰がいるのかわかる
  2. 自動日報で勤怠管理
  3. 配達員がスマホのボタンを押すのを忘れていても、
    • 遠隔記録機能で位置情報が確認できる
    • 自動で曜日・時間などで位置情報を記録開始できる
  4. メッセージ機能で地図が送れる(お皿の回収などに役立つ)

フードデリバリーの売り上げを上げる方法とは

出前・デリバリーコンサルタント 牧 泰嗣氏 寄稿

配達コストの効率化で売上は1.5倍に

◆デリバリーで最も気をつけるべきクレームとは?

出前館の「口コミ」を見ると低評価になっている原因の多くは、配達時間が遅いことです。自店でデリバリーをしていてもクレームの第1位は、配達時間が遅いことなのです。私どものご支援先では「お届けまでに60分かかります」と伝えたところ、注文を断られたことも… (続き)

デリバリー競争激化の生き残り戦略

◆競争激化のデリバリーで勝つための3つのポイント

新型コロナウイルスが日本列島を襲い、飲食店は大打撃を受けました。
来店の売上をカバーするために、大手チェーンから中小個人店まで、今までデリバリーをしてこなかった飲食店が、緊急事態宣言解除後も次々とデリバリー市場に参入しており、競争は激化して…(続き)

お問い合わせはお気軽にどうぞ

 

「大企業と違って機械の音声案内などはされず、電話がしやすいのがアットホームで良い。サポートが親切だったことも導入の決め手。」
– by 建設資材販売業のお客様

システムやアプリの導入はわからないことだらけで不安ですよね?
弊社ではODIN リアルタイム配送システムの専任担当者が、どのような操作をすればよいか、こんな場合はどうしたらよいか、などのお客様の不安を解消します。
また、サポート担当者と、システム開発者が机を並べ、緊密に連携を取って迅速にお客様へのご質問にお答えします。どうぞお気軽にご相談ください。

今すぐ疑問を解消したい方は、FAQも合わせてご覧ください。

TEL :045-306-9506 (平日 10時~19時)

お問い合わせ

IT導入補助金

経済産業省から生産性革命推進事業の補助金として、「IT導入補助金」というものがございます。

■ IT導入補助金

【内容】
新型コロナの影響でソフトウェアやクラウド利用費の補助だけでなく、PC・タブレット等のレンタル費用を対象した特別枠も設けられました。

IT導入補助金2021受付中。4次締切は2021年11月17日(水)17時まで。

詳細はこちら(※外部HPが開きます)

申込先はこちら(※外部HPが開きます)

ニュース

ニュース
2021年10月1日

緊急事態宣言解除に伴う電話窓口変更のお知らせ

お客様各位 平素よりODINリアルタイム配送システムをご愛顧…
ニュース
2021年8月3日

電話窓口変更のお知らせ

お客様各位 平素よりODINリアルタイム配送システムをご愛顧…
ニュース
2021年7月2日

ドライバーのサボりがわかる「停滞検知」機能を追加

報道機関各位プレスリリース2021年7月2日 株式…

メディア掲載

メディア掲載
2021年9月24日

KJCBizに”業界初!!「毎週〇曜日にどこへ行くか」を登録するだけで配送ルートができる『定期便ルート自動作成機能』を追加”が紹介されました。

KJCBizに"業界初!!「毎週〇曜日にどこへ行くか」を登録…
メディア掲載
2021年7月13日

トラックNEXTに”ドライバーのサボりがわかる「停滞検知」機能を追加”が紹介されました。

トラックNEXTに"【ODIN リアルタイム配送システム】ド…
メディア掲載
2021年7月6日

KJCBizに”ドライバーのサボりがわかる「停滞検知」機能を追加”が紹介されました。

KJCBizに"【ODIN リアルタイム配送システム】ドライ…