ODIN フードデリバリーの仕組み

どうして、ODIN フードデリバリーで、売り上げが上がるのか?

ODIN フードデリバリーで売り上げが上がるのは、自店で配送をしているお店に限ります。 Uber Eatsや出前館などのシェアデリと呼ばれるサービスは、手数料が非常に高いので利益が出にくいことで知られています。コロナ以前は配送員が人手不足で集まりませんでしたが、今は状況が変わりました。 自前で出前・デリバリーサービスを始めるチャンスが来ています。 ODIN フードデリバリーの仕組み上、シェアデリでは利用できません。自前でデリバリーをやっていらっしゃる会社さんのみ、以下をお読みください。

注文を受ける店員

まずは、デリバリーをする配達員に、スマホを持ってもらいます。

スマホは私物でも、お店が支給してもかまいません。

そのスマホに、ODIN フードデリバリーをインストールします。

アプリを操作をすると、ODIN フードデリバリーは、配達員の現在地をGPSでトラッキングします。

道がわかったフードデリバリーの配送員

スマホのGPSを利用して、行ける出前・フードデリバリーの回数を増やします。

従来のやり方では、配達員(デリバリースタッフ)がデリバリーに出発します。そのあと、お店に帰ってきます。

お店に帰ってきてから、次の注文の料理を作り出します。できたての料理を宅配するためです。

料理ができたら次の注文の配達に出かけます。この間、配達員は待機していることになります。

ODIN フードデリバリーでは、配達員がお店に帰るタイミングをメールでお店に知らせることができます。
お店では、その時点から料理を作り始めることができます。

すると、下記の図のように、一人の配達員が一日に行くことができるデリバリー・出前の数が増えます。

飲食店の周りに円
フードデリバリーの配送効率が劇的にアップ

この図では、10件が15件になっています。

1回あたりのデリバリーで、売り上げが3000円だったとすると、1日の配達員一人当たりの売り上げが

3万円→4万5千円

となります。

このように、売り上げが上がるという仕組みです。

その他、売り上げアップにつながる多くの機能があります。

  • 配達員が道に迷わないように、ナビではなくいったん行った道を配達ルートにできる
  • 配達員の場所を地図に表示して、お客様にも見てもらう。(見せるか見せないかは選択可能)
    →お客様が、自分で頼んだフードデリバリー・出前の場所がわかるので、いらいらしない。
  • 今、どこに配達員がいるかわかる
  • お客様の住所を管理。地図上で表示可能。
  • 移動した記録を1年間保存
  • 日報を自動的に出力
機能を見る
店の前でサムズアップする飲食店の店員と配達員

無料で2週間お試しいただけます。

製品版とまったく同じ機能でお試しいただけます。

申し込み不要で、今すぐ、右の登録ボタンから登録でお試しを開始できます。

WEBサイトから

無料お試し登録

アプリから


Google Play で手に入れよう